4.15.2013

NERVOUS NIGHT

何だか、久しぶりに書く。
何だか、何となく、緊張している。
何だか、何となく、不安だ。

まるで神の煙を口から肺へ、
この体中を巡る血液へ、そして細胞へとくゆわせたような感覚だ。

僕のこの“書く”という行為そのものに意味は無いし、理由も無い。
でも何故だろう。
この緊張、不安を抱いているのは。
果たしてこれは緊張なのであろうか?
果たしてこれは不安なのであろうか?
もう、それすらもわからない。
果たしてそれをわかる必要があるのか?
果たしてそれをわかり得るのであろうか?
もう、そんなことはどうだっていいのだ。
ただ書くということがここに今、
今ここにあればいいのだ。
あるがままが、あるがままにあるだけだ。
今ここに、ここに今、それがあればいいのだ。

ただ、“書く”ことに意味も無ければ理由もない。
でも今こうして書いているのには理由がある。
今、そこから、ここに、“音”があるからだ。
無限の音があるからだ。

手を伸ばしても届かないものには、
この身と心を持って、それに寄り添う必要があると想う。

ある人は言った。
わからないことに対して、それにどう近づくかが大切なのだと。
それは老子でもなければ孟子でもない。
マーティン ルーサー キングJrでもなければマルコムXでもない。
トルストイでもなければヘミングウェイでもない。
仏陀でもなければキリストでもない。
それは菊川怜なのだ。
高校生ではなく、大学生の時に見た番組“高校生クイズ”で言っていたのだ!
俺はヤツのその言葉を聞き逃さなかったのだ!
決して聞き逃しはしなかったのだ!

Oh!!!!! Fuck!!!!!!

なんということだ神よ!
Oh,神よ!こんなことがあっていいのだろうか!
こんなことがあっていいのだろうか!神よ!

Fuckin' Hell!!!!!!!!!

俺!!!!

でも俺は天の国へ行くよ!
バックパックひとつで行っちゃうよ!

一体どこなんだ!
一体そこはどこなんだ!


一体、何の話これ?

知ってる?

俺もI DON'T KNOW!!

ただ何か、音に心を奪われると、
何か書きたい衝動に駆られるみたいだ。
音を感じると、それと人間の中にある潜在的な何かが繋がり、
そしてその意識は宇宙へと繋がるような心地を感じることができた夜だった。
音と宇宙と俺のGroove。

Fuckin' Good Night!!!!!!

おやすみ!!世界中のMotha Fucka!!!!

いつか貴方とGroove Night!!!!


Amen!!!!







0 件のコメント:

コメントを投稿